本文までスキップする
応募する ENTRY
Interview

人と人との架け橋になる
お客様とのご縁に“感謝“

2019年入社
アテンド・司会・事務
松嶋 由香利
Yukari Matsushima
アスカへの入社を決めた理由は何ですか。
若さやフレッシュさが溢れる会社の雰囲気や、社長のお人柄に魅力を感じたことが決め手です。家庭の時間やプライベートも充実させたいと思っていたため、最初はパートとして入社する予定でしたが、社長から社員になったほうが良いと勧められ、社員になることを考えました。有給休暇や賞与、お昼代の支給など福利厚生が充実していると感じたので、社員として入社することを決めました。有給休暇も希望通りに取ることができるので、プライベートも充実しています。
一番印象に残っているエピソードを教えてください。
入社後に初めて迎えた初盆の時期です。ご葬儀やキャンドルナイトが重なる繁忙期であることに加えて、暑さもあったのでつらかったことを覚えています。また、想像していた以上に力仕事が多く、この先耐えられるか不安を感じました。しかし、その分落ち着いている時期に有給休暇を取得できるよう配慮してもらえたり、力仕事は男性社員が負担してくれたりと、気遣いや改善していこうという意向を感じました。みんなが心配して声をかけてくれたことで、精神的にも助けられました。
img01
社内はどのような雰囲気ですか。
明るく、アットホームな雰囲気に包まれています。忙しくてもピリピリすることなく、常にわきあいあいとしています。もとから明るい性格の方もいますが、周りの雰囲気につられみんな自然と明るくなると思います。プライベートの話もできたり、忘年会に家族も参加したりすることもあります。
新宮で働くことになったきっかけを教えてください。
新宮出身なので最終的には地元に戻って仕事をしたいと思っていました。いろいろな地域で働いたことで、改めて新宮の良さを実感しました。新宮の特に好きなところは、自然が近くにあって、自然と街のバランスがちょうど良いところです。
会社に改善してほしい点や要望はありますか。
ありません。これ以上は望み過ぎだと感じるくらいです。
img02
アスカの一番のおすすめポイントを教えてください。
提案したことに耳を傾けて、良いと思った案はすぐに形にしてもらえることです。雑談中に生まれたような話でも会議で検討して、実際に形になったこともあります。自分の意見を言いやすく、時には社長に直接提案することもあります。以前、会社の新しい福利厚生を社員がチームを組んで考え、審査員にプレゼンする大会がありました。私たちのチームは、個々人で欲しい物をプレゼンする制度を考案しました。ただ欲しいというのではなく、仕事で使えることや会社の理念、SDGsに沿っていることがポイントとなります。この制度はプレゼンの練習にもなると考えました。
一番感動するのはどのような時ですか。
お客様がご葬儀後に声をかけてくださることです。
また、四十九日について相談してくださるなど、葬儀を終えた後でもお客様と引き続き関係を築けると嬉しく感じます。
img03
アスカへの入社前にご葬儀のお仕事経験はありましたか。
この業界で働くのは初めてで、仕事内容の事前知識もありませんでした。アスカに入社して1年が経ち、ご葬儀全体の流れは把握できたと思います。細かいことはわからない時もありますが、自分で調べたり、周りの社員に聞いたりしてまだまだ勉強しているところです。この業界が初めての方にもぜひ挑戦してほしいです。
松嶋さんの今後の目標を教えてください。
仕事を任せてもらえる存在になることです。
入社を検討されている方へひとことお願いします。
まずは一度会社に足を運び、雰囲気を感じていただければと思います。
ご葬儀はもちろん、イベントなどの地域貢献にも全力で取り組める方にぜひ入社していただきたいです。
img04